2011年03月09日

河原塾の秘伝メソッド「卑怯な授業」不合格にならない数学の裏技



non_fugoukaku-math.gif


高校入試で一番得点にブレが出るのは数学です。
理科や社会などはある程度暗記すれば得点が安定するものですが、
数学はその場で解法が思いつかなければアウトです。

模擬試験ならまだ失敗は取り返せるのですが、
受験本番ではそうはいきません。

受験の数学を難しくしていることの一つに融合問題があります。
一次関数や二次関数だけの問題というのは少なく、
関数の問題は図形の面積と合わせて出題される傾向が強いです。

つまり分野をまたぐ知識を身につけないと数学で高得点を
取ることは不可能です。

さらに厄介なことに、三平方の定理、相似、面積比、体積比などの
入試頻出の超重要な単元は中学3年生の受験直前に習うため、
ほとんどの公立の中学では入試対策が十分にできないまま入試本番を迎えてしまいます。

そんな入試に頻出の数学の裏ワザを1日2時間、たったの3日で学べる方法があります。
インターネット上で学べるため通塾の心配もなく、お子さんのペースで学ぶことができます。
同じ内容のDVDももらえるため、何度でも見て復習することができます。

同業の塾からも評判のよい教材です。

近くにいい塾がない人は検討されてもいいのではないでしょうか。

数学の裏ワザの詳細はこちら




このサイトでは、河原塾の秘伝メソッド『卑怯な授業』不合格にならない数学の裏技の情報を紹介しています。




サクラサク高校受験勉強法


高校受験の国語を40分で克服する方法


原口式記憶術 やり方、他の記憶術との違い






posted by non_fugoukaku-math at 23:06| 「卑怯な授業」不合格にならない数学の裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
太陽光発電のメリット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。